完パケ

昨年末に作った楽曲を引き金に、今年の春からレコーディングを開始した。

リズムトラックの打ち込み、鍵盤、ギター、歌入れ、コーラス、編集、ミックスダウン、マスタリング…
とてつもなく膨大な時間をかけての作業が一昨日に終了しました。

先日ようやくお届け出来た『サケビタリナイナラ』
ここにボクの過去が詰まっているのだとしたら、未来の詰まった作品をどうしても届けたい。
謝罪や禊は、ボクには歌う事でしか伝えられない。
そんな想いで取り組んできた。

決して商業的ではなく、とてもパーソナルな楽曲とシェクターのテレキャス、モーリスのアコギの計2本だけで作り上げたアルバム。

愛する事の尊さと儚さ、この愛が普遍であり普通であれ、という願いから、街路樹として見かける事の多い『プラタナス』というアルバムタイトルをつけた。

『de novo』『ロックソロール』3部作に続くニューアルバム『プラタナス』
『ロックソロール』の集大成『サケビタリナイナラ』があったからこそ生まれた未来を、ようやくお届けする事が出来る。

発売日は11月23日。
先行発売という形で11月12日、会場でも手にする事が出来るので、THE HEARTのノスタルジーと井口一彦の未来を、是非味わっていただきたい。

そんなこんなで明日からリハーサル。
ショップへのお問い合わせやら確認作業やらが遅れてて、大変申し訳ありません。
今晩色々と対応させていただきますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

投稿者: kazuhiko-iguchi

1966/11/23 東京都出身 1988年 THE HEARTのヴォーカル&ギターとして、MotherEnterprise、Mother and Childrenレーベルよりデビュー。 1992年のバンド解散後はソロとして活動。 2005年の再結成を経て、 2016年本人の再始動と秋の再結成を発表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です