MANIAC

たまにはマニアックに、ギターのサウンド作りでも語ろうか。

僕のセットは至って簡単なんだけど
簡単でアナログなだけに、セットを組むのに時間がかかる。
そしてシールドケーブルの本数も半端ない。

ギターからまず入るのはチューナー。
デビューの頃は別にボリュームペダルや音量ゼロのエフェクターを使う必要があったけど、キルスイッチも兼ねたチューナーの出現で、この30年近くは本当に便利になったものだ。

チューナーからは通常はそのままアンプのインプットに繋ぐのだが、先日のライヴではVOXのペダルワウに行き、そこからアンプへインプット。

オーバードライブ、ディストーション、ブースター等は一切使わない。
コーラスやフェイザーもかつては使用していたけど、基本的には使わない。

アンプはメサ・ブギーのマークスリー。
コンボ2チャンネルのモデルだ。

ノーマルチャンネルを少しクランチ気味にし、ドライブチャンネルの“DRIVE”のツマミは7くらい。
このアンプのチャンネル切り替えのスイッチはマイクスタンドのすぐ左側。
マーシャルアンプと切り替えて使ってた時は一体型のスイッチボックスを特注して使用していたが、今は純正のスイッチ。

そのチャンネル切り替えスイッチの更に左側には、BOSSのFS-5というペダルスイッチが2つ並ぶ。
右がイコライザーのオンオフ。
左がディレイのオンオフ。

イコライザーはBOSSのハーフラックサイズのRGE-10。
単純にソロ等で音量アップするためのもの。
ブギーの場合、インプットの手前で出力を稼いでも音量はアップしてくれない。
アンプ側のセンドリターンに繋ぐ事で全体の音量をアップする事ができる。

これは回路の問題で、メサ・ブギーやマーシャルの場合、プリアンプ→パワーアンプという回路になっていて、センドリターンは下の様になっている。

プリアンプ→センド→リターン→パワーアンプ

イコライザーの後に繋がっているのはROLANDのSDE-3000。
デジタルディレイだ。

僕の場合の繋ぎ方は下の様になる。

プリアンプ→センド→イコライザー→デジタルディレイ→リターン→パワーアンプ

歪はアンプのプリアンプが司っているので、ギターからイコライザーやデジタルディレイに直接繋ぐと、プリアンプの部分で押しつぶされてしまうイメージ。
例えばディレイ効果の音と原音がチグハグになってしまう。

リハーサル等で全ての機材を持ち込まない時はアンプ選びの出来るスタジオじゃないと困るんだ。
要はセンドリターンの付いたアンプがあるかどうか…

ほぼほぼギターからアンプ直で鳴らしているものの宿命的な、まず最初にぶち当たる壁だな。
特にこの時代のブギーとか。

そしてこのメサ・ブギーのセンドリターン。
普通のコンパクトエフェクターを繋いでも鳴らない。
これはインピーダンスの問題で、ラックエフェクターじゃないとダメなんだ。

お陰で機材がコンパクトに収まらない。

こうなるとね、
「マルチエフェクター使えば?」
って良く言われるよ。

いやいや、
やっぱそこは拘りなんだよ。
アンプ直でフルテンが基本的に最高だと思ってる。
ある意味古臭い、今の時代ではナンセンスかも知れないけど…
基本的な繋ぎ方はアンプ直。
これが1番潔いと思ってる。
そして好きなんだよね、その音が。

ディレイ以外の空間系エフェクトも今まで色々使ってきたけど、今はSDE-3000のモジュレーションがあれば…って感じだな。

だから足元にはスイッチが並んでる感じ。
SKBの電源供給式のエフェクターボードはエレキ用とアコギ用のチューナーが4つあるだけ。

でもステージ上はものすごい本数のシールドケーブルが引き込まれる。
セッティングに手間はかかる。
構成はシンプルなんだけどね。

このセットのサウンドメイクはシェクターのテレキャスターで行ってる。
ギブソンの白レスポールはこれに不思議と追随してるんだけど、他のギターは、ギター本体のヴォリュームやトレブルのツマミで少し調整したり、ピックアップの高さを調整してる。

あとの拘りはストラップかな。
ナイロン製のストラップじゃないとダメなんだよね。
基本的にはシェアロックっていうストラップ。
ロックピンに変更するタイプのは嫌悪感みたいなものがあってさ、ギター本体に付いているネジとか、あまり緩めたり締めたりしたくないんだよね。

ギターで今とりわけ欲しいのは、ピグスビー付きのセミアコだな。
GRETSCHでもEPIPHONEでも構わない。
ホワイトファルコン的なのかワイルドキャット的なやつが1本あるとサウンドの幅が面白くなりそうだ。

ちなみに、家ではエレキは全く弾かない。
バッキングもソロも試すのはアコギなんだよね。

投稿者: kazuhiko-iguchi

1966/11/23 東京都出身 1988年 THE HEARTのヴォーカル&ギターとして、MotherEnterprise、Mother and Childrenレーベルよりデビュー。 1992年のバンド解散後はソロとして活動。 2005年の再結成を経て、 2016年本人の再始動と秋の再結成を発表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です