アリッサ・ミラノ

急に彼女の事を思い出した
FM NACK5から流れてきたリック・アストリーを聞きながら、だ。

もう30年くらい経つんだね
この頃何だかちょっとタイプの女性が変化した時期だったのかな
菊池桃子のポスターとか壁に貼ってたり
その後は和風顔の女性にトキメイた時期もあったっけ

でも結局、好きになったひとがタイプなんだよなぁ

さてさてアリッサ・ミラノ
子役やってたひとなので
歌唱力はほぼほぼありませんが
こういう「ヘタだけど純粋な感じ」にキュンっときちゃうんですね。

Straight to the Top

new music lab ニュー ミュージック ラボラトリー

かつて『ニューミュージック』というコトバが一世を風靡した季節があった。

フォーク、ロック、ハードロック、ロックンロール、アコースティック、ブルースなどの「ジャンル」や「スタイル」という括りを飛び越えようと、先人たちが発明したコトバだ。
しかしそれは結局のところ、資本により消費され尽くしてしまった。

僕が感情のままに辿りついたアイディアは、
-new music lab-
ニューミュージックラボラトリー

つまり、さらにあたらしい音楽の公開実験場。
下手を打てば公開処刑の場にもなりうる。
自分自身への挑戦状でもあり、喧嘩でもある。

ただ、やってみたくなったんだ。

井口一彦

■2018年06月23日(土) 阿佐ヶ谷 harness
http://livebarharness.web.fc2.com/

“new music lab Vol.1”
井口一彦(THE HEART)×小山卓治

開場18:30 開演19:00
予約3,500円 当日3,800円(ドリンク別)

※ハーネスにて一括メール予約受付4/8(日)12:00~(整理番号なし)
hiroyukikamata88@gmail.com

東京都杉並区阿佐ケ谷南2-18-9 ゴールドビル阿佐ケ谷 B1
問)ハーネス 03-6454-6277

■2018年06月24日(日) 下北沢 lown
http://lown.jp/wp/

“new music lab Vol.2”
井口一彦(THE HEART)×塚本晃(NOWHERE)

開場18:00 開演18:30
予約3,500円 当日3,800円(ドリンク別)

※ラウンにて一括メール予約受付4/8(日)12:00~(整理番号なし)
info@lown.jp

東京都世田谷区北沢2-34-8 北沢KMビル 3F
問)ラウン 03-6407-1919

IGUTIKA TV LIVE DIGEST

先日2018/3/10に行われたライヴの映像を公開いたしました。
ios端末での撮影、端からのアングル。
映像作品としてのクオリティーは自信の持てるものでは決してありませんが
来ていただいた方はもちろん、来られなかった方も是非観て下さい。

約34分のクリップなので、モバイルだと結構な容量を使ってしまいます。
そんなボクも色んなやり取りで速度制限食らってしまってます(笑)
是非Wi-Fi環境で閲覧頂くことをオススメします。

内容については、活字なんかよりも観ていただいた方が早い。

井口一彦オフィシャルサイト
KAZUHIKO-IGUCHI.NET

もしくは
IGUTIKA TV LIVE DIGEST
コチラから閲覧下さい。

ちなみに間違いが少しあります。
あなたはいくつ探す事ができるかな?(笑)

近々に修正版をアップする予定ですので、このクリップは貴重かもよ?

鴨下真吾

吉祥寺という街へは自転車で15分。
狭いバス通りを避けて裏道を使って行ったもんだ。
中学生から高校生の頃は現在のLOFTはみどり屋というデパートになっていて、3Fにヤマハがあった。

楽器の並ぶ店の向かって左側がスタジオ
右手にはキャパシティ100くらいのホールが併設されていた。

フジテレビで日曜日の昼下がり『HOT TV』という番組が放送されていた。
TBSの『イカ天』なんかよりずっと前だ。

勝ち抜きバンド合戦のようなその番組に、ある時出演したThe BUDOKANというバンド。
4人編成で、ハードなロックを演奏していた。

キャロルに魅せられ、矢沢永吉にワクワクし、SEIKOのCM『ヒーローになる時、それは今』というコピーでド肝を抜かれた甲斐バンド。
ザ・ベストテン世代の誰もが憧れたであろう世良公則。

そことは違う匂い。

産業に乗った音楽ではなく、貪欲さみたいなものを感じた映像だったのを覚えてる。
身震いした。

ルーツというのは紐解くのは難しい。
自らも忘れてる事も多々ある。
ただ、キーマンとか、キーポイントみたいなものは例えそれが抽象的だったとしても鮮明に覚えてるもんだ。
それはやはり衝撃的なものだったから。

鴨下慎吾の歌う姿、ギターの演奏力は凄まじいものがあった。

時が少しだけ流れ、吉祥寺のヤマハに月に一度のサロンコンサートなるフリーコンサートに足を運び出した中学生の頃。
半ドンで終わった土曜日。
制服を着替えてワクワクしながらサロンに行った。
浜田麻里はまだミスティキャッツというレディスバンドで、LOVE、セクシーマネー、ギャオス、コンセントピックス…
そんな中にThe BUDOKANの名もあった。

夢中だった。

誰にでもアイドルが存在するように
僕にとってのアイドルは鴨下慎吾に他ならない。
フェイバリット、憧れ…

もはや僕は『自分自身が楽しむための音楽』という領域はない。
捨てたとかそんな事じゃないし、悪い事でも何でもない。
普段、音楽なんて聞かないし、楽しめない。

だけどライヴやレコーディングは違う。
その一瞬一瞬、オーディエンスやリスナーよりも存分に楽しんでる。
今回のライヴでは、大好きなメンバー、大好きなアーティスト達と心の底から楽しむ事が出来た。

そんな空間を作ってくれた、関わる全ての方に
感謝してます。

愛子、潤一郎、アキラ、伴さん、淳一、研さん、鴨下さん、440、応援して下さる皆さん、愛すべきひと…
本当にありがとう。

SET LIST

オフィシャルブログ『voice』と重複しますが、昨日のセットリストです。

◾️昼◾️

Singer Song Riders Special

〜叫びとささやき〜

高橋研 / 井口一彦
3月10日(土) 下北沢440

-SET LIST-
1.青時雨(井口一彦/プラタナス)
2.OMBL(井口一彦/プラタナス)
3.Jeniffer(THE HEART/Chapman)
4.雪の華(中島美嘉)〜
5.綾子(THE HEART未発表曲)
6.幸福の予感(井口一彦/ロックソロール1)
7.SO LONG(THE HEART/アカシア)
8.RAIN IN THE SUMMER TIME(井口一彦/ロックソロール1)
9.名もなき花のように(井口一彦/ロックソロール1)

高橋研アンコールにて
EN1.レジスタンス
EN2.翼の折れたエンジェル
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◾️夜◾️

KAZUHIKO IGUCHI LIVE CHRONICLE 2018

“spring thunder”

3月10日(土) 下北沢440

V.G 井口一彦(THE HEART)
G. 塚本 晃(NOWHERE/ex.ShadyDolls,HEAVEN…)
B. 石黒淳一(THE HEART/ex.COME ON BABY)
Dr. 伴 慶充(NOWHERE/ex.HEATWAVE、THE SHAKES…)

-SET LIST-
1.プラタナス(井口一彦/プラタナス)
2.14時05分/井口一彦/プラタナス)
3.雨は止みそうもない(THE HEART/雨は止みそうもない)
4.Slow Down(井口一彦/プラタナス)
5.Not!Satisfaction(THE HEART/Chapman)

〜井口弾き語り〜
6.True Affection(井口一彦/ロックソロール1)

ゲスト/鴨下慎吾(ex.The Budokan,ダイヤモンズ)
7.Bloken Heart(The Budokan)
8.I think about you(The Budokan)

9.君の姿をさがしてる(THE HEART/雨は止みそうもない)
10.風の詩(THE HEART/雨は止みそうもない)
11.マーガレット(THE HEART/アカシア)
12.叫び足りないなら(井口一彦/サケビタリナイナラ)
13.ONE DAY (井口一彦/プラタナス)

〜井口弾き語り〜
EN1.優しさの跡で(THE HEART/アルバム未収録)

〜バンドバージョン〜
EN2.青時雨(井口一彦/プラタナス)

青時雨

青葉の木立から落ちる水滴を、時雨に見立てた語。
(解説・デジタル大辞泉)

私設ファンクラブなるものを良く思わない方もいるだろう。

端から見ると「癒着」みたいなものや、単純に「仲良く」見えたり「壁」じみたものすら感じる事もあるのかも知れない。

ボクは特定のアイドルやアーティストへのファンとしての気持ちや、ファンの心理みたいなものは全く分からない。
時々気を使う事もあるし、逆に気を使わない事だってあるかも知れない。

「誰が大切で誰が大切じゃないか」
なんて考えた事もないし
誰かを優先したり、贔屓目で見たり、媚を売った事はない、つもりだ。

オフィシャルサイトの更新の進まない中、唯一の情報発信源がFacebookだけになっているのは、本当に申し訳ない。
情報が一部の方にしか伝わっていないと、お叱りを受ける事もあるが、その通りだ。
本当に申し訳ない。

だが一方で、そんなファンの方々が盛り立て、ボクのような畑のアーティストにとっては、限られたメディアとして存在するラジオ局。
今日2018/03/01から1ヶ月『青時雨』がパワープレイに抜擢された。
FMたいはく

以下サトウミツノブ氏のFB記事を引用

エフエムたいはく[78.9MHz 仙台]のミュージックスプラッシュ(パワープレイ)にて、井口一彦のメッセージ入り「青時雨」が流れます。

○平日は 16:55
○水曜は 21:55
○金曜は 14:55
○土曜は 11:50
○日曜は 15:55

です。曜日によっては変わるところもありますが、大体これが基本です!
青時雨ももちろん良い曲ですが、井口氏の曲フリがカッコいいので、是非聴いてみてくださいね。(サトウ ミツノブ)

※iPhone,Mac等でのご視聴方法はこちらにまとめております
FMたいはくをインターネットで無料で聴く方法

是非聴いてみて下さい。